鳩撃退をするために対策アイテムのことを知ろう

剣山を設置する時は設置方法に気をつけよう 剣山を設置する時は設置方法に気をつけよう

剣山の効果を高めるためのコツ

剣山は鳩撃退に有効なアイテムといえます。しかし設置のやり方に問題があると、効果が薄くなってしまうというデメリットがあるのです。正しい設置方法などを知ることによって、高い効果を発揮させましょう。ここでは剣山を効果的に設置するための方法などを紹介していきます。

剣山の効果を高めるには

剣山の効果を出すためのポイントなどはありますか?
剣山はどれも鳩を傷つけないような作りになっています。しかしすべての剣山が同じ性能で作られているという訳ではありません。そのため、その性能にはばらつきがあります。剣山毎の性能を把握した上で、適材適所を意識して使用しましょう。適材適所で設置することができれば、剣山の効果を最大限にまで引き出すことが可能となります。
鳩を再び寄せ付けないためにはどうすればいいですか?
鳩を再び寄せ付けないようにするためには、早い段階で鳩撃退をすることが肝心です。また、鳩にとってどうでもいい場所と、ここじゃなければダメという場所が存在します。大切なのはここじゃなければダメだと思わせないことです。鳩にとって重要な場所と認識されるまでにはいくつか段階があるといわれています。ですので、初期段階の内に鳩が寄り付けないような環境を作るべきです。

設置場所に合わせた加工ができる剣山器具

最近は剣山に利便性が求められてきています。といのも、剣山を使用する際に設置箇所に剣山が設置できないことがあるからです。トゲが長過ぎることが原因で設置したい場所に設置できない場合があります。そのため、適切な長さの剣山がないと困ります。また、剣山の長さが固定されている状態で、設置作業をするのは不便ですし作業も効率よく行なうことができません。最近登場した剣山は、長さを20ミリ~30ミリ単位で動かすことができます。また非常に長さもあるので、どんな場所でも設置することが可能となっているのです。

TOPボタン